木の香  島根県大田市三瓶町志学ロ347-1
  蕎麦工房木の香   三瓶の蕎麦
蕎麦工房木の香
三瓶ダムから見た国立公園三瓶山
 

トップページへ 店舗の外観とインテリア お品書 店主の食に対する理念は、地産地消! 蕎麦の実から製粉して手打ち麺が出来るまで 季節の移り変わりにより美しく変化する三瓶 お客様の声 メール
 
 
 
   蕎麦の実
自家栽培したそばを10月下旬に収穫したそばの実。
ピカピカ光っています。
このそばの実を自家製粉します。
 

 
  自家製粉
10月20日過ぎくらいから蕎麦の実の刈り取りが始まります。
刈り取った実は、上の写真の様な3mm位の小さな実です。
この実を左のような電動の石臼で挽いて製粉します。

 

  練る
そば粉と小麦粉を混ぜ、水を入れながらかき混ぜます。両手を使いそば粉と水がまんべんなく混ざるようにし、体重をかけて練ります。

  延ばす
練った生地を打ち台に移し、麺棒で延ばしていきます。円形になるように、回転させながら伸ばしていきます。
大きな円形になるまでこの動作を繰り返します。そして、たっぷり打ち粉をふりかけ半分に折ります。さらに半分に折り、四分の一の扇形にします。

  切る
四分円をさらに三つ折りにし、こま板を添えて切っていきます。切り終えたそばは、ほぐしながら打ち粉をふるい落とします。
 
 
ホ ー ムお店の紹介おしながき店主のこだわり蕎麦ができるまでさんべの春夏秋冬お客様の声お 問 合 せ

〒694-0222 島根県大田市三瓶町志学ロ347-1
☎(0854)83-2813 Fax (0854)83-2813
Copyright (C)2008 Konoka All Right Reserved.