春の花
夏の花
秋の花
 
 
トップページへ お店の紹介 メニュー 店主のこだわり 蕎麦ができるまで 三瓶の四季 お客様の声 お問合せ
 
 
       

<Winter Page.1>

downLoad

カンツバキ   アセビ
 
     
 
和名: 寒椿 読み:カンツバキ
 
 
学名: Camellia sasanqua Kantsubaki
 
  分類: ツバキ科ツバキ属  
 
特徴: 一般的に紅色の八重崎が多い。葉は、暗緑色の細長い卵形で互生する。葉の先は尖り、縁には鋭いギザギザがある。開花期は12月から2月位で樹高は、150~300cm位になる。この写真は、2015年1月13日に西の原駐車場付近で撮影したもの。
 
     
 
     
 
和名: 馬酔木 読み:アセビ
 
 
学名: Pieris japonica subsp. japonica
 
  分類: ツツジ科アセビ属  
 
特徴: 早春になると、複総状の花序を垂らし、多くの白いつぼ状の花をつける。毒性が有る為多くの草食動物は食べるのを避ける。写真の様なピンク色のものは園芸品種である。この写真は、2015年1月13日に浮布の池付近で撮影したもの。
 
     
       
  セリバオウレン   ロウバイ
 
     
 
和名: 芹葉黄連 読み:セリバオウレン
 
 
学名: Coptis japonica var.dissecta
 
  分類: キンポウゲ科オウレン属  
 
特徴: キンポウゲ科の多年草で5~10cmの花茎を伸ばし、茎先に2~3個の白い10mm前後の花を咲かす。葉が芹の葉に似ていることからセリバと言い、中国名が由来である。オウレン属は、原始的な植物と言われ、矢車状に並んだ果実の先が開いていて、そこから種子がこぼれる。
 
     
 
     
 
和名: 蝋梅 読み:ロウバイ
 
 
学名: Chimonanthus praecox
 
  分類: ロウバイ科ロウバイ属  
 
特徴: 1月~2月にかけて黄色い花を咲かす落葉低木である。花弁が蝋の様な質感で、臘月(旧暦12月)に咲くことからこの名がついた。花や蕾から抽出した蝋梅油を薬として用いる。
 
     
       
 
    TOP  BACK
 ※写真は、全て三瓶山にて作者が撮影したものです。開花時期については作者の記憶によるもので、多少のズレがあるものと思われます。ご了承ください。
 ※参考文献:花の名前については、島根県立三瓶自然観「三瓶山の植物」(財)三瓶フィールドミュージアム発行、和名、学名については、ウィキペディア弐より確認しました。
ホ ー ムお店の紹介おしながき店主のこだわり蕎麦ができるまでさんべの春夏秋冬お客様の声お 問 合 せ

〒694-0222 島根県大田市三瓶町志学ロ347-1
☎(0854)83-2813 Fax (0854)83-2813