夏の花
秋の花
冬の花
 
 
トップページへ お店の紹介 メニュー 店主のこだわり 蕎麦ができるまで 三瓶の四季 お客様の声 お問合せ
 
 
       

<Spring Page.2>

downLoad

 
 
     
 
和名: 山葵 読み:ワサビ
 
 
学名: Wasabia japonica
 
  分類: アブラナ科ワサビ属の多年草  
 
特徴: 花弁が4枚の8mm位の白い花を咲かせる。花は茎の先に集まって咲き、草丈は、60~100cmになる。花期は、三瓶山では3月中旬~4月中旬頃。三瓶山では渓流や湧水を利用して沢ワサビを栽培出荷している。写真は、2009年4月7日三瓶町志学のワサビ農家にて撮影したもの。
 
     
 
     
 
和名: 木通 読み:アケビ
 
 
学名: Akebia quinata
 
  分類: アケビ科アケビ属の蔓性落葉低木  
 
特徴: 花は4~5月に咲き、木は雌雄同株であるが雌雄異花で淡紫色。花被は3枚で、雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状に、雌花の中央部にはバナナの果実のような6~9本の雌しべが放射状につく。茎は蔓になって他物に巻き付き、古くなると木質化する。写真は2014年5月9日に三瓶山西の原登山道入り口付近にて撮影したもの。
 
     
       
  花筏画像   筆竜胆画像
 
     
 
和名: 花筏 読み:ハナイカダ
 
 
学名: Helwingia japonica
 
  分類: ミズキ科ハナイカダ属  
 
特徴: 花は淡緑色で、花弁は3~4枚。 三瓶山では4月に葉の中央に1~2個(雌花)又は数個(雄花)の花を咲かせる。花の乗った筏に見立ててこの名がついた。写真の1枚目は開花した雌花で2015年5月5日に西の原付近にて、2枚目は熟す前の果実で2014年6月3日に北の原登山道にて撮影したもの。因みに、実は黒く熟すと甘みがあり食べられる。
 
  補足: 雌花の拡大写真  雄花の拡大写真  
 
     
 
和名: 筆竜胆 読み:フデリンドウ
 
 
学名: Gentiana zollingeri Fawc.
 
  分類: リンドウ科リンドウ属  
 
特徴: リンドウ科リンドウ属の越年草で、花は4月~5月頃ロート状の青紫色の花を上向きに咲かせる。また、日が当たっている時だけ開き、曇天、雨天時には筆先の形をした蕾状態になって閉じている事からこの名がついた。 高さは、5~10cm位になる。この写真は、2015年4月16日に浮布の池展望所付近にて撮影したもの。
 
     
       
 
    TOP   BACK
 ※写真は、全て三瓶山にて作者が撮影したものです。開花時期については作者の記憶によるもので、多少のズレがあるものと思われます。ご了承ください。
 ※参考文献:花の名前については、島根県立三瓶自然観「三瓶山の植物」(財)三瓶フィールドミュージアム発行、和名、学名については、ウィキペディアにより確認しました。
ホ ー ムお店の紹介おしながき店主のこだわり蕎麦ができるまでさんべの春夏秋冬お客様の声お 問 合 せ

〒694-0222 島根県大田市三瓶町志学ロ347-1
☎(0854)83-2813 Fax (0854)83-2813